読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手の鳴る方へ

生きることは、死ぬこと

出会いと別れと継続と。

 

4月になった。

f:id:ochimoon:20170423051005j:plain

3月に、大好きな仲間との涙涙の別れを惜しみ、わたしは社会という荒波に揉まれるというのに軽装備で挑んだ。

たくさんの出会いがあって、それは嬉しい楽しいばかりではなくて、傷つくことも落ち込むことも多くて。

軽装備で飛び込んだ無計画でバカな自分を呪う。


社会人になるという事実は、想像していた以上に責任が重いことで、理想と現実の自分にギャップがありすぎて、毎日が苦しい。

なにひとつうまくできないことが本当に悔しい。


ベテランの方の隣に立って、わたしは本当にダメだなあと落ち込んで、逃げ出したくなる。

1年目は1年目にしかできないことがきっとあるって言われた言葉が、果たして1年後のわたしに理解できるんだろうか。


家族も、友達も、大切な人さえもおざなりで、そのくせ自分のことは大事に大事にして、本当に自分本位な毎日。


自分の話ばっかりで、話を逸らされると

「いまその話ししてない。」

は?なんなんだ偉そうに。

わたしが逆の立場だったら蹴り飛ばすぞ。


大切な人たちを、大切にして行きたい。

たくさんの愛を、わたしも返したい。


わたしよりもきっとずっとしんどくて、休みもなくて大変なのに、変わらず愛してくれるあの人に、連絡が少ないとか、冷たいとか、そんなこと言う資格はないし、思ってもないけど、会えないのは寂しくて、だけど会いに来てなんて図々しいこと言えなくて、かといって会いに行くなんて面倒なこと言えなくて、会いたくて会いたくて、夜になると毎晩あの人のことを思い出す。


研修で、同期と話していて愚痴の吐き出し合いになったとき、わたしそう言えば愚痴なんてないなとふと思った。

つい数ヶ月前まで愚痴しかなかったし、口を開けば愚痴が流れるように溢れて来て、コミュニケーション下手なわたしでも、きっと愚痴なら何時間でも話せるんじゃないかと思っていた。


彼と出会ってから、周囲に苛立たなくなった。

彼と出会ってから、あんなにもギスギスしていた家族とも穏やかに生活できるようになった。

彼と出会ってから、わたしは、変わった。


彼と出会ってから、わたしは、心にゆとりができて、穏やかになって、前向きになった。

今は、社会の荒波に揉まれて、自分の中では処理しきれなくて、溺れそうになるのが現実だけど、ここで溺れて流されてないのは、彼の存在のおかげかもしれない。


自己肯定感が低くて、自分に自信がなくて、そんなわたしに根気よく愛を伝えてくれて、なのにそれを素直に受け入れられないわたしを、優しくあったかく、ゆっくり待ってくれた彼に出会って、わたしは、以前よりは自分のことが少し好きになったし、自分を大切にしようと思えるようになった。


たくさんのありがとうと、わたしも彼にとってそういう存在でありたい、そういう存在になりたいと思う日々。


こんなにも人生が楽しくて充実してて、毎日がキラキラしてるだなんて、ずっと知らなかったんだよ。


継続は、力なり。


さて、あと少し働けばGW。

頑張りましょっと。


おやすみないです。