今を生きる

生きることは、死ぬこと

想いと思いの重さ

 

想いと思い、何気なく使い分けているこの2つ。何が違うのだろうか。

主観的には

【想い】相手を想うこと

【思い】自分の考えていること思うこと

なのかな。そうかな。


ワクワクしながら調べたら辞書で調べてみたら、同じ【おも・い】で出てきたよ、ガーン。

f:id:ochimoon:20160717001900j:plain


【想い】の話。


自分の想いと、相手の想いが釣り合うことって、どちらかのその想いが強ければ強いほど難しいのではないかと、思う。

「想いが重いな」と思うこともあれば、「わたしはこんなに想ってるのに」と思うこともある。

友だちでもそう、恋人でもそう、家族でもそう、上司部下(先輩後輩)でもそう。


わたしはどうやら意地の悪い人間らしく、想いが重いと逃げたくなる。

の割りに、自分の想いが受け止めてもらえないとイライラもやもやする。

自分本位すぎる。なんだこれ。ただの自己中だ。治したい。


友だち同士で、重いなぁ……と思うこと、申し訳ないけれどよくあった。最近は無くなった。付き合う人たちが変わったのか、私が鈍感になったのか。鈍感になってたならごめん。でも、成人して、ある程度いろんな人間関係を経験して、人との付き合い方、人との距離のはかりかたについては、自然に自分なりに調節できるようになったかもしれない。かもしれない。


人との距離のはかりかた

人との距離のはかりかた

  • plenty
  • ロック
  • ¥200

高校生の頃CDがすれるんじゃないか思うほど聞いていた曲。(CDはすれないけどね!)

この話をするのに、わたしにとっては避けては通れない、大切な曲。


でも、やっぱり好きが溢れることもある。

ギブアンドテイク、とか、フィフティーフィフティーとか、ウィンウィンとかいうそういうカタカナが大好きな私は、振り向いて欲しくなる。見返りが欲しくなる。そんなもんか。

人間は欲深い。南無阿弥陀。滝修行したい。



対して【思い】の話。


私は周囲の人の思いを察するのが割と得意。たぶん。割と。

昔から周りの顔色を伺って生活してきたことが良く出たのか悪く出たのか、さっきの「想いが重いと逃げたくなる」という「想い」を察しやすいことにも繋がってるんじゃないかな、と思う。

あーたぶん、この人いま退屈してるんだろうな、あ、興味持ってくれてる、とか、相手の顔色ばっかり伺って疲れちゃう。こともある。


想いを持つことは多いし、思いもしっかりと持ってるつもりだけれど、私は、思い、を伝えることが苦手だ。

大学生として生活していると、ディベートしたりなど、さまざまな「思いを表出する」機会がある。慣れてきたつもりだけれど、やっぱり苦手だなぁ。

慣れたつもりになっても、今度は心理学の授業でまた自己主張しすぎないことが相手を尊重することにも繋がって……とか考えて結局スパイラル。負のスパイラル。どうにもならない。なんだこれ。きっと大学生あるあるスパイラル。(学部や学んでいることにもよるね!大学生ひとくくりにしてごめんね!偏見だね!)


またまた私は意地が悪いから、「あの子より私の方がいろんなこと考えてるのに!」なーんて比較して、勝手に見下して、心の安定を図ってるところがある。と思う。


私はだいぶ小さい時から感じていたけれど、「努力=結果」じゃないんだよね。

この年齢になるとそれを嫌でも実感させられる。「努力=結果」なら、いくらでも努力するよ。ってね。あーダメダメ。そんな考え方してはダメ。ちゃんと努力しよう。


でも考えてしまう。

「あの子より、私の方が頑張ってるのに!」。

見えないところであの子もきっと努力してる、かもしれないのに。そんなこと言ったらダメね。負けないくらいわたしが頑張るんだ。


よし、頑張ろう。頑張れる。やれる。今後の人生が大きく左右される大切な日まであと1週間。私自身への戒めの日記でした。


気を引き締めて、頑張ります。

音楽

 

音楽には、不思議な力があると思う。例えばと言われればわからないけれど。

f:id:ochimoon:20160702002112j:plain

わたしは音楽を息をするように聴いている。音楽を聴くことが生活の一部だし、頑張る糧になるし、勇気をくれることも、落ち込んだときに慰めてくれることもある。

音楽とその人との関係性は、その人によって違うと思うし、好む音楽のジャンルも人それぞれだろう。

(わたしはゴリゴリのロックンロールが好きだよ。)


今日はわたしにとっての音楽、について考えた。


幼い頃から母の影響でコンサートやミュージカルを観に行ったり、習い事で音楽にも触れる機会が多かった私は、きっとずっと音楽を息をするように聴いて生きてきたんだと思う。

いつからか、音楽を「身近にあるもの」「聴こえてくるもの」から、「身近にありたいもの」「聴きに行くもの」になった。

幼い頃の環境が恵まれていたのか、今が求めすぎるのか。多分両方。


音楽には不思議な力があると、私は本当に思っている。

本来ならば人間は、ご飯を食べて、寝て起きて、 排泄をして、衣類の着脱をして……と、いわゆる基本的生活習慣さえ獲得していれば生きられるはずである。(ああ、生き延びて行くには子孫繁栄も必要だ!)

人と人とが共に生きていく中で、コミュニケーションを取ようになったということは、ある種当たり前のことのように思う。1人で生きていたらコミュニケーションする必要もないけれど。

いろいろなコミュニケーションの方法があると思うけれど、その中事実一番大きな役割を担っているのが「話すこと」だろうと思う。

ここから、「話すこと」までが発達するのはわかるのだ。

人間はなんで歌ったんだ〜〜。

なんで歌うんだ〜〜。

なんで音楽を奏でるようになったんだ〜〜。

わからん〜〜、わからんぞ〜〜。

と、まあわたし的には人間が発展していく過程の中で音楽には辿り着いた意味がわからないわけで、そこからまず不思議。


加えて、わたしはライブをよく観に行く。

これが不思議だなぁと思わされる理由の二つ目。とにかく不思議。一瞬で空気が変わる。

ゆったりまったりゆる〜〜いMCしてたのに、曲が始まった瞬間に一瞬で空気が変わって、引き込まれて、そんな瞬間は嫌でも音楽の力ってすごいなと思い知らされる。きっとこれをステージでやっている側は気持ちいいんだろうなぁ、辞められない理由もわかるね。中毒性ありそう。

ライブに行っている人と、行っていない人、泣いてる人、笑ってる人、みんな平等に同じ時間を過ごしているんだよな?と疑いたくなる。

(でもよく考えたらこれって音楽が別に好きじゃない人からしたらただの退屈な時間なのかな………)

兎に角、私にはとても不思議で濃密で、そんな贅沢な時間なのだ。音楽に触れている時間は。


ああ、書けば書くだけ、私に思い入れがあるから音楽には不思議な力があるって勘違いしていた気がしてきた……


きっとお笑い芸人が好きな人からしたらテレビでお笑いを観たり劇場に行ったりすることが「不思議な力を持った時間」で、

サッカーが好きな人からしたら、プレイしてる時間や、テレビやスタジアムで試合を見ている時が「不思議な力を持った時間」で、

ペットと遊ぶのが好きな人からしたら、ペットと遊んで、ペットと過ごして、ペットと寝る時間が「不思議な力を持った時間」で、

料理が好きな人からしたら、ごはん作っている時間や、美味しいものを食べている時間が「不思議な力を持った時間」なんだろう。


ああ、解決。

これから「音楽って素晴らしい!」はともかく、「音楽って素晴らしいからあなたも音楽の素晴らしさをわかって!」なんて周りに言わないようにしよう。(言ったことないけど。)


好きなものは好きって、胸張って言おう。

友だちや家族、大切な人が好きって言っているものは、私にとっての音楽のように、その人が想っているものだって理解したい。

そうやって、優しくなりたいな〜〜


そんなことを考えました。今日もライブに行ってきました。最高でした。感動した。これだからやめられないね。


おやすみなさい。

負け組

 

負け組

f:id:ochimoon:20160630023854j:plain

ってなんだろう。勝ち組ってなんだろう。若者がよく口にする言葉だと思うけれど、果たしてその意味とはどういったものなのだろうか?


自分やその人をマウンティングして、それで優位に立った、立っていない、で勝ち負けを決めているのだろうか。それとも充実しているかいないかの勝ち負け?はたまた他人からどれだけ羨まれるか否かなのか。

このどれかだとしても、それを測るものさしは人それぞれだし、うーん?なんだ?これは。とにかく私には意味がよくわからない、負け組、勝ち組、という言葉。


例えば、イケメンでお金持ちのお医者さんと結婚できた女性さんがいたとしよう。

旦那はイケメンだし、みんなに羨まれるし、お金持ちだから働かなくていいし、好きなもの買って好きなことして、気楽〜〜!勝ち組〜〜!

と思うかもしれないし、はたまた、

はあ〜〜お義父さんやお義母さんとの関係大変〜〜!医者のところになんて嫁いでくるんじゃなかった〜〜!それに家にずっと閉じこもってるのも嫌!外に出て働きたい!旦那もイケメンだから浮気してないかいつも目を光らせてるのも大変!実家に戻りたい!

だなーんて極端だけどこういうことだってあり得る話で、やっぱりその状況下に置かれた当人にしかわからない部分って、きっとあるんだろうな、と思う。


わかりやすい「豊かさ」も、一つの指針になるのかもしれない。

要するに、財力があるかないか。

だけど、じゃあ高い高級車に乗っているから「勝ち組」?ボロボロの軽自動車に乗ってたら「負け組」なの?なんじゃそら〜〜!意味わかんないぞ〜〜!あ〜〜!わからん!


強いてわたしなりに言うならば、努力しても報われない運のない人は「負け組」で、なんだかんだ運良くいつも実力以上に結果出せちゃう!なんとかなっちゃう!人生舐めたくもなる!みたいな人は「勝ち組」なのかな、と思うことがある。

でもこれは完全にわたしの主観で、なぜそう思うかというと、このものさしで見た時に私は完全に「負け組」だから羨ましく感じているだけ、のような、気もする、ような、気もする。ような、、、

だけど、努力しないで過大評価されたり実力以上のところで後からギャップに苦しむくらいなら、地道にコツコツと努力をして結果が残せなくても積み上げた実力が結局自分の力になるならそれっていいことだと思う。それって負けてないよね。

だからやっぱり負け組とか勝ち組とかわからないや。


勝ち負けなんて、じゃんけんくらいで十分よ。って思うけど仲良い人と永遠にあいこでしょあいこでしょ!ってしてるのってなんかニヤけるよね。なんか嬉しい。

あーでもかけっこでおてて繋いでみんなで一緒にゴール!の意味はわかんないな。まあわたしは足が遅いからいつもドベなの悲しかったし良いけど。良いけど良くないよね。よくわかんないけど、なんかかけっこの本来の意味とずれてる気がする。

ってなんだこれ。考え出したら底なし沼だった!考えるのやめよ!

結局勝ち負けってなんだろね!



あ、思い立ってここに登録して、数日更新してみたけれど、意外とブログって更新したくなるものなのだなということがわかった。

今は誰にも教えてないし、今後も教えるつもりもないのだけれど、インターネット上に存在している以上、もしかしたら誰かが読んでくれるかもしれない、というドキドキ感もあって、どこかでこの状況を楽しんでいる自分がいる。

一体いつまで続くだろうか?数ヶ月後、数年後の自分がこのブログ見て何を思うのだろうか。

恥ずかしい!消したい!黒歴史!とか思うのかな。ちなみにわたしは中高の頃の日記を読み返してそういう感情に襲われます。


話が逸れてしまいました。

また更新します。おやすみなさい。

共同生活

 

共に同じ時間を過ごして生活する、短いやつだと学生をしてるとたまにある例のやつ。小学校だと林間学校とか修学旅行とか?


私はまさに今、共同生活の真っ只中である。(一泊二日だけどね!)

f:id:ochimoon:20160629025453j:plain

当たり前だと思ってることが当たり前じゃなかったり、その逆も然り。こんな少しのことで動揺していたら、きっと私は結婚して、同居なんぞしたら死んでしまう!なんてね。そんなことを思いながら生活をした。ちなみに結婚する予定はないです。

紅ショウガを食べる人と食べない人がいるように、七味をかける人とかけない人がいるように、ごはんとジュースを飲み合わせる人と、ごはん中はお水かお茶しか飲まない人がいるように、ドライヤーで髪の毛を乾かす人と乾かさない人、はたまた半乾きで良い人がいるだとか、人間という生き物は、実に様々である。

私のように細かい人間は、いろんなことが気になる。そして、気になったら頭から離れなくなる。悪い癖だなぁと自覚しているにもかかわらず、治らない。これはとても悪い癖なのだ、だって人の良いところが気になって頭から離れなくなることなんてないのだから。いつも頭から離れなくなるのは、ちょっと目につく気になるところ、つまりは悪いところ、なのだから。改めねばならないが、気になる事は気になるのだ。気になる事を気にしなくなる事が、大人になる一歩なのだろうか?そんなこと、まだまだわからない子どもである。子どもで結構!


他人と一緒に暮らすこと。

家族と一緒に、当たり前に毎日生活し、暮らしていることの凄さ。そして何億人もいる人類の中で、家族として一緒に寝食を共にしているのは、片手に収まる少ない人数。家族という世界は、とても狭い。

狭い世界には、偏りがある。仕方がないことだろう。

世界は、狭ければ狭いほど偏る。そして、それは私の家庭も例外ではないだろう。他人から見たら、私は、どんなところがどんな風に気になるんだろう。今暗闇で携帯を開いて文字を打ってる事自体非難の対象だったりして。だったりしてね!知らないよ!

当たり前の毎日と、当たり前の生活。違った日常を過ごす事で、見えてくるものもある。そんな事に気づいた夜でした。

みんな違ってみんないい。小学校の時に習った金子みすゞさんの詩を急に思い出した。いい詩だな。素敵だ。素敵すぎる。あゝ、素敵。私も誰かに伝えていきたい。伝えられるだけの説得力のある包容力やらなんやらかんやら身につけよう。いつか。


では、おやすみなさい。

インターネット

 

ネット社会

f:id:ochimoon:20160627112122j:plain

ですよね。まさしく。現代は。


わたしも20代前半の女性(心はまだまだ子どもだけど20代前半の女子、と名乗るにはイタい、しかし女性という器もないしなーとか思いながらも結局無難に女性という表記した。だがしかし無難にというのはこれまた、、以下略)らしく、(らしくとはなんだ?)こういった類のSNSやらうんぬんかんぬん(うんぬんかんぬんとは?)を使用しているわけです。ネットもフル活用ですね。

電車?時刻表なんて見ないよ、乗り換え?わかんないならアプリでサクッと調べてあげようか?

サクッてなんだよサクッって。クッキーか?クロワッサンか?


若い世代にはとりわけ、「繋がりたい」というワードを使う人が多いように思う。

ひねくれている私は、物理的に君とあなたは違う人間なわけで〜〜とかいいたくなるけどまあ本当に「繋がりたい」って言う人多いよね。「〇〇な人繋がろう」とか「えー!ラインやってる?繋がろー!」とかまあまあ「繋がる」とかいう言葉を乱用する若者。耳が痛くなるね。

繋がるってなんだよ。まあわたしも若者なんだけど。知ってた。


インターネットがこれだけ普及すると、やっぱりいいことだけじゃないのが現実。物事にはメリットもあればデメリットもあるよねって20とウン年生きてきたらわかったよ。故にインターネットによる弊害もトラブルとして現れたり、時にはニュースになったりして目や耳に入る。


わたしにもそれなりにネット上に友達がいる。普段から仲の良い友人だけではなく、喋ったことない大学の友人、同じ趣味を持つ人、小学校卒業以来会ってないけど名前は知ってる、ミク〇ィとかの時代から仲良いとか。

良い悪いは人によって考え方が違うと思うけれど、大学生にもなると、いろんな学部に行っていろんな勉強している人たちの近況を見たり、就職や進学で他地方に行ってしまってなかなか会えない人のことを身近に感じられたり、まあまあ良いことも多いと思う。

だけど、とにかくネット社会は疲れる。他人と自分を比べて優位に立った気になったり、劣等感を感じて落ち込んだりする。


「嫌なら見なきゃ良いのに」

その通りだよね。わかる。わかるよ。そしてそれでも見てしまう気持ちもわかるよ。

若者というものは、全く、面倒で複雑で傷つきやすい、取り扱い注意ななかなか厄介な生き物である。

息をするようにネットを見る生活で、息をするように自分で自分の首を絞めないように。


ネットは、ほどほどに。

湯葉寄せとうふ

 

これは正義。

f:id:ochimoon:20160626172533j:plain

大好き。いつもありがとう。本当に好き。美味しいよ。愛してる。


豆腐にハマって半年くらい、いろんな豆腐を食べた。

豆腐を食べるときは、豆腐をおかずの一品として食べるんじゃなくて、一食に置き換える。

美味しい豆腐はたくさんあるけれど、一食の代わりとなるような食べ応え&満足感、かつ、どことなく甘く飽きのこない美味しさis湯葉寄せとうふ…………


いろんな豆腐を食べたけど、やっぱりいちばんだね。オンリーユーナンバーワン!

冬になって寒くなったら食べるの辛くなるかなぁ、、、チンしたらいいのかなぁ、、、湯煎?どうしよう、、、


豆腐には、醤油+胡麻油、もしくはポン酢+オリーブオイル。ポン酢+オリーブオイルは本当に最高。考えた人天才。思いついて世に発信してくれてありがとう。結婚しよう。

ポン酢+オリーブオイルは、サラダにかけても美味しいよ!いつもキャベツやレタスとかにかけてるよ!ってアレ?これ何の話?

っていうか豆腐を一食に置き換えて食べてるとか言うとダイエットかな、とか思うけどオリーブオイルかけてんのかい!ってなるよね。どうでもいいよね。ですよね。


要するにわたしは湯葉寄せとうふがおいしいっていう話が!!!!!!!!!!したかったんだよ!!!!!!!!!!!


(勉強します)

勉強

 

勉強する。

f:id:ochimoon:20160626171946j:plain

それになんの意味があるんだろうと、ふと考える。でもわたしは勉強する。

「人生、最後まで発見と驚きの連続だよ」

どこかで聞いたことがあるようなないような。わたしは信じてないよ。


20年と少し、生きていたけれど、驚くことも、悲しむことも、ひらめくことも、ぐんと減った。

なんでこんな勉強してんのかなーあーあーあーとか思いながら、今日もまた図書館に向かって、机に向かう。向かう向かう向かいまくり。


いい就職先に出会うため?賢い人たちと出会って人生を豊かにするため?イケメンでお金持ちのお医者さんと結婚するため?はたまた誰かを騙したりするの?人を助けるの?なんのため?ねえなんのため?

勉強して何になるの?


疑問は募るばかり、でもわたしは勉強するよ。

なんのために勉強するかなんて、わからないけれど。