読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手の鳴る方へ

生きることは、死ぬこと

好きとか愛とか恋とか

 

目まぐるしい毎日に追われて、ここその存在を忘れていたわけじゃないけれど更新できない日が続いていた。

最近、自分自身の考えがわからなくなるほど混乱することがあったので文章にして改めようと思う。


f:id:ochimoon:20170115111528j:plain


わたしはいつも1人で生きてきたから、誰かが常にずっと無条件に味方でいてくれる喜びを知らなかった。

誰かの一番になりたいくせに、その人にとっての一番が自分じゃないことに気づくのが惨めで、初めから誰も一番にしてこなかった。

友達にすら、「わたしと一緒で大丈夫?」とか聞いちゃうこの感じ。お疲れ様。


自己肯定感も低いし、わたしを好きでいてくれる人なんていないし、もしいたってそれは一時的なもので、って思ってて。いや、思ってる。

わたしが捕まえたかったあの人の背中は、いつも気がついたら消えてるから。

手を差し伸べてくれて、大丈夫?と声をかけてくれて、死ぬほど嬉しくて、頼ってみようって思った大人たちは、みんな愛想をつかしていつのまにか消えて行った。


永遠なんてないし、きっと一時の感情なんだろうけど、それでも真っ直ぐ向き合って好きだと行ってくれるあの人がすごい。尊敬の域。

なんであんなに真っ直ぐに好きって言ってくれるんだろう。言えるんだろう。自分に自信があるのかなあ。わたしには到底無理だ。

それにわたしなんかに好かれたら迷惑だろうなあと思うと好きだなんて到底言えないや。

好きって言ってくれてるんだし、わたしも好きなのに、うまく答えられなくて、相手にも申し訳ないし、自己嫌悪だし。


このままじゃ、好きになったらわたしはどんどん依存してしまうから。

相手は素敵な人だし、新しい恋だってすぐできる。

そう思うと居ても立っても居られないけど、わたしと一緒にいるよりも幸せなんじゃないかなと思う。


大好きなくせに、まだ好きじゃない、好きじゃない、好きじゃないって自己暗示をかけて自分を誤魔化して

そんな誤魔化しを、出会ってからの時間が僅かであることと、明確な好きという理由がないことで正当化した。

でも、好きになるのに時間も理由も必要なかった。


わたしはもっと、自分自身のこと恋愛に対してドライな体質だと思ってたよ。

こんなに毎日電話したりできるようなタイプだとは思わなかった。周りにも驚かれるしね。

だからこそ、好きって自覚したらどんどんのめり込んでしまうと思う。

こんなにズブズブ浸かるだなんてなあ。

1ヶ月前の自分じゃ想像もできなかった。


別に好きでもない人の隣にいるより、遠距離だしいつまで続くかもわかんないし危なっかしいけど、大好きな人の隣にいるほうが、自分にとってもずっとずっとずっとずっと幸せだと思う。

その大好きな人は、わたしにとってのその人だと思う。

続かなくても良い。好き。


早く体調良くなりますよーに。(自分)