今を生きる

生きることは、死ぬこと

生きることと死ぬこと

 

生きることと、死ぬこと

f:id:ochimoon:20160626100435j:plain

どっちが辛いんだろう、苦しいんだろうと考えたのが昨日の夜。

結局、「生きてても辛いことばかりだから、生きることのほうが死ぬことよりもずっと辛くて残酷だ」という結論にたどり着いて、目を閉じた。

心の底から憎くて、悲しくて、辛くて、でも醜い感情を持ってしまう自分に更に腹が立った。

給食室にあるような大釜で、釜が溶けそうなほど激しい炎によって、激しく沸騰しているお湯のように、わたしの心はグラグラ、グツグツと煮えていた。

疲れもあって、しばらく布団の中で考え事をしていたら寝ていた。


 

朝起きたら、なんでもない日常だった。

昨日の感情も、どうでもいいほどあっけらかんとしている自分に呆れつつ、朝の支度をした。


昔、母によく怒られた。

母は前日の夜にとても怒っていても、朝起きるとおはよう、と言って朝ごはんの準備をしてくれていた。

それがどれだけ凄いことなのかを、思春期に入って気づく。


わたしの怒りは寝ても治らなかったから。


でも今日はなんだか違った。とても悔しくて、悲しくて、辛かったのに。傷もまだ痛むけれど、あんなに痛かった心は痛くなかった。

歳を重ねて、痛みに鈍感になったのか?はたまた慣れなのか?経験なのか?大人になったのか?

もう明日から笑えないや、と投げやりになった人生も、寝て起きたら案外すっきりとしたくだらないことで、やっぱりもう少し生きてみようかな、と思った。明日明後日を、生きてみよう。


死ぬことは、生きることよりずっと簡単だけれど、それでも生きていたいと、思う、そんな日もあったって、いいじゃない。

また今日も寝たら明日が来て、いろんなことがあるんだろうね。


また辛いことがあったらいっぱい寝よう。

そうしよう。

おやすみなさい。